MT4 FX自動売買は儲かるのか? 理想的な自動売買ツールは存在するのか!編

今回の記事では、今までやったことのなかった自動売買トレードに手を出してみた結果をお届けします。

みなさんFXをやっている以上は、少しは気になっているのではないでしょうか。

何もせずに勝手にコンピュータがトレードしてくれて、それで勝手に利益を出してくれる。

みなさんが思い描く理想的な自動売買ツールはこんな感じですよね。

そこで私も検証として、理想的な自動売買ツールは存在するのか、試しにやってみました。

裁量トレードに関しては引き続きやっていきますが、やはり仕事中には裁量トレードはできないんですよ。

裁量トレードしようと思うと、特にデイトレだとチャートに張り付かないといけないですからね。

今回はそんな自動売買ツールという未開の地にチャレンジしてみた結果をお伝えします。

自動売買をやってみたきっかけ

自動売買は信じてはいけない!?

僕はFXを始めた当初から、FXの自動売買なんか怖すぎて手が出せないと思っていました。

存在こそ知っていましたが、投資家が様々な相場の状況を総合的に判断して、トレードしてそれでも9割以上の人が負けるFXで自動売買で勝てる訳がないと。

あんなのただの楽したい人がつられて結局損するだけの代物でしょう!!!

そう思っていたのですが、僕はSE(システムエンジニア)である以上、

少しは興味があったのです。実は・・。

とはいえ、システムにトレードをやらせるのは本当に危険だと思います。

昨今はAIだのIOTだの騒がれていますが、僕は一応SEなのでその中身とか学術的な理論とかは

一般の方よりは知っているつもりです。

それら最新技術を駆使したとしても、FXで継続して買っていくのは厳しいのではないかと感じています。

なぜなら、いくらコンピュータに全世界の相場や過去のチャートを学習させたとしても、

その時その時の相場の臨場感というか勢いというか、人間にしか判断できない部分がどうしても出てくるからです。

それをコンピュータで再現できないから、いつまでたっても人間味がコンピュータに備わらないんですよ。

だから、FXで常勝されているトレーダーさんにはどうしても追いつけない。

人間味って何? どうしたら人間味を出せるの?? とかいう研究は昔からされていて、

大分その技術も進歩していますが今の技術ではどうしてもコンピュータは人間にとって変われないんです。

ちょっと話はそれましたが、まぁそういうシステムの裏の部分をちょっとだけ知っているので、自動売買は信じてはいけないです!

ここでいう「信じる」というのは、その自動売買だけずっと動かしていれば未来永劫稼ぎ続けられるという保証があるかどうか、という意味です。

そんなものはないです。あったら全員すでに儲けています。

手をつけてみた経緯

まぁとはいえ、一部の人が自動売買で実際に儲けを出しているのも事実です。

自動売買は信じられない、でも実際に自動売買で儲けを出している人がいる。。。

そこに違和感というか、そういうものを感じてるのもあって、興味を持っていました。

それにSEとしてはやはりシステム系に興味がある!!!

しかし、初期費用とか自動売買の勉強もしなければならないこと、今は裁量で相場感覚を磨かなければならないことを考えると、どうしても手をつけるのが後回しになっていました。

そんな時、実際に自動売買で利益をあげ続けている、とあるお方に出会い、

モニターとして自動売買を使ってみないかとご提案いただいたので、

恐る恐る手を出してみることにしました!

どんなロジックで動くかというと、順張りと逆張りの2つの戦法で相場を攻略していくとのこと。

なんじゃそりゃ。。

まぁうだうだ言ってても仕方ないので、とりあえずやってみよう!!

とはいえそんな得体の知れないものに大金をそそぎこむことはやってはいけないので、

とりあえずの5万円でやってみることにしました。

これも泣く泣く投資用に引っ張ってきた大切なお金ですが。。。

3日間の自動売買トレード実績

自動売買1日目

実際に動かしていたのは3日ほど。

初日昼間はもみ合い相場。

調子よくナンピンと利確を繰り返して割と良い成績でした。

ハラハラしながら仕事中に何度かチェックしてましたが、損失は出さず、

5万円の証拠金で3000円利益くらい。

ええじゃないか!!!

夜になってもみ合い相場が終了し、5分足レベルでは上昇トレンドに転換。

自動売買の様子をみてみると、

ナンピン!!ロット2!!

ナンピン!!ロット4!!

ナンピン!!ロット8!!

ちょww ロット上げながらナンピンしまくってるwww

気づけば含み損が3万円をこえて、証拠金がなくなりそうだったので怖くなり自動売買ストップ。

よくよく調べると、自動売買のロット数は小さくもできるしナンピンの回数も少なく設定できるとのこと。

うわ・・・先に調べとけよ俺・・・・。

ということで大損のまま1日目終了。

システムの挙動をみて、ここである仮説が僕の中に生まれました。

ない頭をフルに使ってDaichiは考えたわけです!!!

昼間、レンジ相場だった時はうまく利益を出せていて上昇トレンドが始まったらナンピン地獄。。

この自動売買はレンジ相場に強いのでは???

夜の間にナンピン地獄を始めたのは、5分足とかではなく、もっと大きい時間軸(4時間足とか)でのレンジ相場をみこしてでは??

それにナンピン数と、ロット数の設定が証拠金に比べて大きすぎるから、4時間足レベルのレンジ相場に対応できなかったのでは??

というかそれも事前に調べてからやれっていう話ですね。

1日目は絶望して頭痛くなりました。。。

まぁ、そんなこんなで仮説を立てて2日目に入りました。

自動売買2日目

ということで、レンジ相場に入った時だけ自動売買を動かしてみました。

この日はあまりボラがない日だったのもありじれったかったですが、とりあえずレンジ相場に入った昼間だけ稼働!!

ロット数も最低に下げてナンピン数も2に設定。

おぉ

おぉぉ

おぉーー

ええじゃないか!!!

2万円の証拠金で千円の利益。

利益率としてはかなり高いですね。

夜になったら売買停止して終了。

ここでまたDaichiはアホの頭で考えた。

この自動売買システムはレンジ相場に強いことはほぼ確定だな。

待てよ、昨日ナンピンしまくったポジション、今もし持っていたら利益出てるではないか!!

結果論だけど、昨日は自動売買を停止せずにそのまま持っておけばよかったんだな。

ロット数とナンピン数だけ下げて放置していたら4時間足レンジの中でも十分戦えそうだな。

明日は何があっても自動売買をストップするのはやめよう。

いい感じだから、少しだけロット数をあげてみよう。

自動売買3日目

よし、今日は何があっても自動売買を止めずに放置してみよう!!

ということで自動売買を走らせたまま放置!!

昼間、この時もレンジ相場・・・

おぉぉ、、

ええじゃないかーーー!!

2万円の証拠金で3千円ほどの利益!!

その調子だ!!

そして夜、レンジ相場が終わり、下降トレンドが始まりました。

ナンピン!!!ロット2!!!

ナンピン!!!ロット4!!!

おっとっと、ここまでは想定通りだぜ。

5分足でのトレンド転換を検知できずにナンピンを繰り返すのだろう!!

それも4時間足レベルでのレンジを見越しているのであろう!!

そしてまだ下がる。

まだ下がる。。。

めっちゃ下がるぅぅぅううううう

自動売買停止・・・。

全ポジロスカット・・・。

2万円の証拠金が1万円に減りました。

いくら長期目線でナンピンを繰り返しているとは言え、含み損をかなり抱えることには耐えられませんでした・・・。

no-img2
Daichi

んー自動売買って難しいな。

まとめ

ということで、5万円あった証拠金が1万円まで減ってしまう結果になりました。

損益の推移はこちら。

いくら自動売買とはいえ、その性質にあった相場を人間が見極めて、ロット数やナンピン数などのパラメータを証拠金に合わせて設定しないと大変なことになることがわかりました。笑

いや、笑い事ではありません!!(自分にキレる)

自動売買も使い方次第で利益を出せる人がいるのもうなずけます。

相場の状況を人間で見極めて、自動売買を走らせることができればある意味最強かもしれませんね。

一部の相場でしか効力を発揮しませんが、人間の感情が入らない分余計なバイアスがかからないですから。

それに兼業トレーダーからすると相場にはりつけない日中に勝手にトレードしてくれるのも魅力的です。

使い方を間違えると大惨事ですけどね。

何も考えずにナンピンしまくって資金を鬼のように減らされた時はさすがに震えましたよ。

あれです、映画の「ターミネーター」を思い出しましたよ。

人間をコンピュータが支配する世界?みたいな?

(こんなこと言っていますが、ターミネーター見たことないので適当)

とはいえ、僕の資金力と忍耐力では5分足でのレンジ相場で大きく効力を発揮することもわかりました。

冷静になって振り返ってみると、5分足でのレンジ相場では最強でしたからね。こいつ。

最後のチャンスとして、このレンジ相場になった時だけを選んで自動売買を走らせてみようと思います。

その後どうなったかはこちら!!!

追記

検証結果、このツールは非常に優秀であることがわかりました。

このブログをみていただいている読者の方々には僕が誠意を持ってオススメする自動売買ツールを無料で提供させていただきます!!!

詳細はこちら!!!!!

ドドン!!