20万本のローソク足を見て編み出した10pipsをデイトレで確実にとるためのルールブック

はじめに

デイトレの質向上を目指して

日足レベルでのスイングトレードに関しては、サイクル理論を元に手法をリアルトレードで検証しているところですが、

それに加えて、デイトレ5分足を使って、毎日確実に10pipsくらいは取れるようになりたいと思い、色々方法を検証しています。

欲張りなんです。笑

まぁ、いくら長期目線でスイングするにしてもエントリータイミングは重要なので、そのトレーニングとしても5分足の値動きを追えるようになりたいと思って、なんですけどね。

 EMAをひたすら見る!

使うインジケータはEMAだけで、どうにか自信の持てる手法を磨いているところです。

なぜEMAかというと、あるお方からアドバイスをもらったのと、日本株をやっていた頃からMAを見てトレードしていたので馴染み深いこと、さらにシンプルなトレードルールを構築できそうだったからです。

まぁ結局のところ、親しみがあるからです。笑

それで、今回テスターを使ってひたすらEMAと値動きの様子を見ていたんです。

何年分見たかはあまり覚えてないですが、通勤時間や仕事終わりの時間、夜ご飯、トイレ、、など仕事以外はだいたいチャート見ているので、相当の数を見たと思います。

その中で「これはいけそう!!」と確信できるルールを見つけて、これもテスターを使って手法の検討をして見ました。

5分足のローソク足をどれくらい使って検証したのか、計算して見たら、、

23万400本!!!!

と言っても3年半くらいの量なんですけどね。ちょっと少ないくらい。

まぁそれでも十分リアルトレードに使えそうなので、備忘も兼ねて記事を書こうと思ったわけです。笑

なので、もちろんこれからルールを変えていく可能性は十分にありますし、

この記事を読んでくださっている方のトレードスタイルには適合しないかもしれません・・・。

さらに、すでに勝ちまくってる方からすると「なんじゃこりゃ」レベルかもしれませんが、

温かく見守ってやってください。笑

とりあえず僕はこれを、これからリアルトレードで使っていこうと思います。

これまでのEMAトレード

これまでもEMAを使ってトレードはしていました、まぁまぁ勝ててるんですが、

このままロットをあげてトレードするのは怖いなぁ、、と思ってもう少し明確なルールを作りたかったんです。

今まではどうしていたかというと、EMAでパーフェクトオーダを狙って、押し目や戻りでエントリーしていました。

ただこれ、僕にとっては怖いというか、判断基準を明確に定義できなくて、自信あんまりなかったんです。。

それに取れるpipsが少ない。。

5pips以下になることもしばしばで、損切りトレードやスプレッドを考えるとあまりプラスにできなかったので、控えてもう少し明確で、10pipsは取れるルールを作りたいとと思いました。

何を言ってんだ、、、って感じかもしれないので、例をお出しします!!

例えばこの場面、

5分足チャート

ピンク線:200EMA

緑線:75EMA

青線:25EMA

となってます。

EMAのパーフェクトオーダーが形成されて、25EMAまで戻ってきて上ヒゲをつけていることを確認してショートを入れてもいいかなー。なんて場面です。

もう少し違う見方をすればあまり入りたくない場面ですが、EMAと値動きとの関係に絞ってお話しします。

これがこの先どうなったかというと、、、

はいありがとうございまーーーす。笑

見事にもみはじめて3,4時間くらいお祈りさせられた挙句、上昇したので損切りです。笑

、、ということが自分の経験上よくあって、自信が持てないな〜と思ったわけです。

このトレード方法で稼ぎまくっている方も実際にいらっしゃいますし、この方法が悪い!!稼げない!!と断言するわけではないのですが、

テスター見て検証してても、自分にはあってないかなぁ。。。

というフィーリングでちょっとやめることにしたわけです。

デイトレで10pipsを確実にとるためのルール

基本となる考え方

前提として5分足のチャートをベースにして、EMAを使ってトレードすることは変えません。

これらの相対関係はこれまでずっと見てきているので、

他のインジケーターを使うよりはマシだと思ったからですが、、。

それに何より、シンプルな考え方をしたいからです。

いつも表示させているEMA は次の3種類です。

200EMA

75EMA

25EMA

こいつらはですね、要は

200EMA:ラスボス

75EMA:中ボス

25EMA:ザコボス

な訳ですよ。

25EMAに反発されてトレンド形成することもあります。

こんな感じで、黒丸のところで反発していますよね。

でもすぐに勇者にやられてしまうじゃないですか。ザコボスなんか。

25EMAをローソク足(勇者)が突き抜けることは割とよくあります。

この下のチャートがいい例ですね。すぐ突き破られています。

だから、25EMAで反発することはあまり期待しないようにしました。

次に、75EMA中ボスは中々手強いので、ここで反発することは結構ある印象です。

しかし、一つ上のチャートでもそうですが、中ボスでも勇者にがっちりやられて突き破られています。

これもデイトレで10pipsをとるために信じるに値しない。。。

ということで信じるべきは・・・

ラスボス!!!

 200EMAでのローソク足の反発を利用して、10pipsをとっていこうと思います。

25EMA75EMAは相場環境を把握するための手がかりとして考えます。

エントリータイミング

エントリータイミングとしては、5分足ローソク足が確定して(形成中の最新のローソクではなく、一つ前のローソク)200EMA上抜けられないと判断した時です。

例えばこんな感じです。

下のチャートをご覧ください。

これは5分足ローソク確定後のチャートですが、200EMAにしっかりと抑えられていることがわかります。

ここで反発期待のショートエントリーをします。

下のチャートが、エントリー後の値動きです。

黒丸が先ほどショートエントリーをしたところです。

見事に一回反発されて下がっていますね。

その後、上昇していますが問題ありません。

取りたいのは10pipsだけなんですから!!

しっかりと10pips以上下がってから上昇していることがわかります。

スプレッドを考えても、十分10pipsの利益を出せていますね。

ここで注意したいのは、

ローソク足の確定からエントリーする

ということです。

そうしないと、あっさり200EMAを突き抜けられてしまうこともあるので、

抑えられていることを確認してからエントリーするということです。

例えばこのチャート。

ローソク足確定後のチャートですが、200EMAを少しながら突き抜けていますよね。

こんなのは反発期待でロングエントリーはしません。

この続きのチャートを見てみればわかるのですが、

先ほどのチャートの位置が黒丸です。

突き抜けられてそのまま下がってしまっていますからね。

めちゃくちゃ危ない・・・。

ということで、ひたすらテスターで値動きを見ていて、この200EMAを使ったパターンが

明確なエントリータイミングとしてわかりやすく、

確率的に10pipsを取れることが多かったです。

利確タイミング

利確タイミングはエントリーから10pips利益が出るところに設定します。

デイトレでは利益を伸ばすことは考えません。10pipsだけとることだけを考えます。

利益を大きくしたかったらロットの大きさで調整するので、10pipsを確実に取りに行くことにひたすら執着しようと思います。

なので、いくらこんなに綺麗な下げのチャートを作っても、この中で10pipsだけを取ります。

こんな大きな下降はスイングで取るので、たとえこれで10pipsの利益で利確したとしても、

悔しく思わないようにします。

損切りタイミング

損切りタイミングも明確で、

200EMAをローソク足が突き抜けた時です。

そりゃラスボスが打ち破られたらもう諦めるしかないですからね。

ゲームオーバーですよ。試合終了。

勇者(ローソク足)が勝ったんだからゲームクリアか。

チャート例としてはこんな感じです。

200EMAでの反発を期待してロングでエントリーする場面です。

下のチャートが続きのチャートです。

黒丸のところでロングエントリーして、1回上昇してくれましたが、そのあと10pips上がることなく下がってきてしまいました。

200EMAも突き抜けてしまい、ラスボス突破!!!損切り!!!

潔く損切りしないと、このまま一気に下がってきてしまう可能性ありますからね。

損切りラインをあらかじめ設定しておいたほうがいいです。

注意!気をつけておくべきこと

デイトレやスキャルピングで一番気をつけたいのは

ポジポジ病

こいつが以外と厄介なんですよ。

気づいたら、ポジションを持っておかないと気が済まなくなっているんです。

しかも自覚がない!!!

no-img2
Daichi

何ということだ!!

デイトレで一回失敗したら、立ち止まってこの記事を読んでみると非常に効果的です。

嘘だと思って、一回この記事をみてみることをオススメしますよ!!

まとめ

ということで、デイトレで10pipsを確実にとるためのルールを設定して見ました。

200EMAからの反発期待トレードです。

テスターでバックテストもしてるので割と自信あるのですが、どうなることやら・・。

とりあえずこれでやってみて、トレード日記もできるだけつけようと思います。

この方法を使って実際にトレードして利益を出すことができました。

トレードの内容はこちら!!

デイトレはこの方法でやっていきますが、それとは別に非常に効果的な方法も現在編み出しているところです。

まだ途中段階ですが。

「誰もができる方法」これをブログで書くことが僕のポリシーなので、是非ご覧ください。