注目キーワード

相場を学習して自動でライン生成する高精度インディケータ「GSIS」誕生!

こんにちは!Daichiです。

今回はかなり特別な物をご紹介します!!
(もうタイトルに書いてあるからネタバレ満載)

余談:データ分析の経歴

いきなり余談から入ります。笑

Twitterにもちらっと書いたりしてるのですが、僕はもともと人工知能関係の研究をずっとやってきました。

iPhoneに搭載されているSiriや、アレクサ、Googleなんかが有名どころですが、人間が喋っていることを機械に理解させて、機械に何かをしてもらうというサービスが最近世の中に出てきてますね。

僕もそういう人間が発した言葉を機械に理解させる理論を研究していて、世界的に有名な研究機関に論文を載せたり、イタリアの学会で発表したりしたこともあります。

結構大きな研究機関でしたから大変でしたけど、人工知能に関するだいたいの理論は普通に把握しています。

今は世界的にもかなり有名な企業でシステムエンジニアをしています。
給料には満足できないですけどね。

まぁそんなこともあり、FXでもそういう経験を活かして世界中の人が驚くようなすごいものを作ろうと、トレードもしつつずっと研究をしてきました!

そして今回、やっと自信の持てるインディケータを開発できたので公開させていただきます!!

新インディケータ GSISとは

GSISが何を教えてくれるのか

まずはこちらをみてください!

GSISとはチャネルラインを自動で引いてくれるインディケータなのです!!

しかもこのインディケータのすごいところは、ラインの引かれ方がなんと

高精度!!!

すでに自動でチャネルラインを引いてくれるインディケータは存在しますが、割とラインの引かれ方が雑だったり、トレードに使えないものが多いんです。

僕も使ってみて何度断念したことか。。。

そこで実際のトレードに使えるようなラインを引いてくれるインディケータをずっと開発してきました!

しかもこのインディケーターは相場状況をずっと監視し、どんどん学習を重ね、相場に適応していきます

すごすぎませんか?笑

これから先、より高度なラインを引いてくれるようになっていきます。

GSISによる自動チャネルライン

GSISでは自動でチャネルラインを生成してくれます。そしてかなりの高精度で、プロトレーダが引いているような正確なチャネルラインが生成されます。

では実際にどんなチャネルラインが生成されるのか、見ていきましょう。

かなりの高精度でチャネルラインが引かれていますね!!

これ全部自動で引いてくれるチャネルラインです!ものすごい精度ですよね!!

ちゃんとチャネルラインで反発しています。

アップデートにより、より細かい時間軸でもラインが引かれるようになりました!

デイトレのエントリーに使うのにも使えます!

これがあればチャネルラインを引くのが苦手な方、相場環境を認識するのがなかなかできない方でも余裕でチャネルラインを見ながらトレードできるようになります!!

このインディケータは後々、世界中のトレーダに公開していく予定です!!
冗談ではないですよ。

それだけ自信のあるインディケータが作れたと自負しています。

GSISの効果

GSISは多くの投資家が着目しているラインを自動で判別して提示してくれるのでトレードでかなり優位なエントリーを仕掛けることができます。

例を少しみてみましょう。

NZDJPY

例えばこのNZDJPYのチャートですが、とある日のGSISが引いたチャネルラインはこのように表示されていました。

上昇チャネルラインです。この下限にレートがタッチしてきました。

その後の値動きを見ると。。。

見事に反発していることがわかりますね!!

最初のチャネルライン下限の位置でロングエントリーをしておくだけでかなりの利益が出ていました。

しかも、チャネルラインを下抜けてしまった場合はすぐに損切りすればいいだけなので、リスクリワードもかなり良い状態です。

USDJPY

続いてドル円のチャートです。

大きなチャネルラインの中に小さな上昇チャネルラインが入れ子になっている状態でした。
比較的角度が緩やかな線が上部に見えていますが、それが大きなチャネルラインです。

その後のチャートをみてみましょう。

大きなチャネルラインでちょうど反発して下落してきていることがわかりますね!!!

ここで着目していただきたいのが、最初にみたチャートで表示されていた小さな上昇チャネルラインが消えていることがわかります。

そう、GSISでは不要になったチャネルライン・トレードに使わなくなったチャネルラインは自動で削除して、チャートを見えやすくする機能も搭載しているのです!!

今トレードで使えるラインが見えるので、かなり便利です!!

EURAUD

どんどん別のチャートをみていきましょう。

次はこんなケース。上昇チャネルラインを下抜けてきて、トレンド転換の可能性を示唆している場面です。

その後の値動きとともにチャートをみてみましょう。

新しく小さな下降チャネルが生成されて、さらにそのチャネルラインで反発していることもわかります!!!

即座に投資家が着目するラインを判別して、自動でチャネルラインを引き直してくれるのです。

あれやこれやと迷っているうちに、トレードする機会を失ってしまった!なんてことも、GSISが示すラインをみることによって回避することができます。

USDCHF

続いてこちらのチャート。上昇チャネルラインを下抜けして、下降チャネルラインに遷移した状態であることがわかります。

そしてちょうどその新しい下降チャネルラインの上限に届いたところですね。この後のチャートをみてみましょう。

チャネルラインに反発して一気に下げてきましたね!!!

見た目がかっこいいなんとなく過ごそうな高額インディケーターを使うより、こういった多くの投資家が本当に着目しているポイントを押さえるだけでちゃんと利益につなげることができるようになります。

GSISの特徴

ご覧いただいたように高精度なチャネルラインを引いてくれるGSISですが、
一般的に公開されているチャネルライン自動生成インディケータとは圧倒的にチャネルラインの精度が違います

チャネルラインに沿って、トレンドフォローでトレードができるようになるのは高精度なライン生成ができるおかげ!

GSISがこのように高精度チャネルラインを提示できるのは、多くの投資家が注目する可能性の高いラインを自動で学習しながら判別してくれるからなのです!

トレードでも多くの投資家が注目するであろうポイントを探してトレード戦略を立てていきますよね?

今回開発に当たって注目したのは、この多くの投資家が注目するであろうレートです!!

これを自動で判別できるようになれば、トレードは格段に楽になるはず。

そして相場環境を無視して熱くなってしまうのを防げるはず。

そう考えて開発に明け暮れていました。。

システムの具体的な内容は企業秘密ですが、過去の値動きをデータベースに蓄積して、大量のデータを解析することにより自動で投資家たちが注目しているラインを自動判別できるようにしているのです。

このデータ解析をする部分が肝になってくるので、開発にすごく時間をさきました。

結果、ちゃんとしたラインを引いてくれるようになって、かなり精度が高くなったのです!

GSISを使ったトレード方法

チャネルラインなどはこれまでに紹介している方法にしたがってトレードするだけで、かなりの利益が見込めます。

ちゃんとこちらの記事を理解してトレードをしましょう。

超損小 超利大

みたいな感じでトレードできますからね。笑
冗談抜きで!

だいたいTwitterなんかのSNSを見ていると、みなさん勝った時にしかTweetをしていません。別にそれがいけないとかではなくて、裏で大きな損を出されているかもしれないのが怖いなぁ。

と言う感想を持っただけです。

何が言いたいかと言うと、この方法でトレードをすれば普通に損切りもかなり小さく抑えることができるので、Twitterで全トレードを晒しても全然構わないくらい、理にかなったトレード方法なのです。

GSISとチャネルライントレードを組み合わせることで、例えばこんなトレードができるようになります。

ものすごいリスクリワード比率でトレードができることをお分かりでしょうか?

もし、チャネルラインを越えて来た場合はすぐに損切りすればいいだけで、反発してくればずっとポジションを保有しておけばいいだけですからね。

超損小 超利大

このリスクリワード比率が異常に良いことが、超損小 超利大と言われる理由です。

適当にエントリーして、勝った時だけTweetして、、だいたい後になって大きく損をしてしまう。

と言うことを防ぐことができると言う意味でも、かなり使えるトレード方法です!

最近のインディケータって、グラフィックにかなりこだわって格好良く見せる傾向がありますが、そこに力を入れるくらいなら、ちゃんとした相場認識理論に力を入れたほうが良い気がします。。

残念ながら、見た目はそんなに格好良くないですが、しっかりと値動きに注目できるようにライン自体は超精度高く表示されていきます。
(グラフィックがしょぼい言い訳)

ちゃんとした相場環境を認識することができていれば、あとはその環境に沿ってトレードするだけなのですごく楽チンです!

楽にトレードすること。

これが本当に大事。楽にトレードできている時って、割と利益もたくさん出たりしているんです。精神が安定していますしね。
経験ありませんか?

トレードでストレスを抱えていてはなんのためにトレードしているのかわからなくなってしまいますからね。。

それだけでなく、チャネルラインを参考に、トレーダーさんの手法を使ってトレードすることもできます!

インディケータなのでどうトレードするかはトレーダーさんの自由なのです。

GSISでこんなトレードが可能になる!

これまでにも書きましたが、ラインを使ったトレードはちゃんと引くことができるようになれば、超損小超利大を実現することができます。

それは、言うなれば短期足で見たときにド天井でショートを仕掛けることができるようになったり、
大底でロングを仕掛けることができるようになります。

これは短期足で見たら逆張りのようにも見えますが、実は上位足の大きなトレンドに乗っかってトレードをできているのです。

これまでも実はTwitterでちょこちょことつぶやいてきていたのですが、ちょっと過去のTweetを漁って引っ張ってきました。

開発と検証の軌跡をご覧ください!

スマホアプリでのトレードですが、実際はVPSでインディケーターを表示させてトレードをしています。

水平な点線がチャートに表示されていて、”sell”と書かれているのがお分かりでしょうか?

この“sell”と書かれた水平線の位置がショートエントリーをしているレートになります。

かなり有利な位置でエントリーできています!!

天井で逆張りを仕掛けているように見えますが、これは下位足で見るからそう見えるだけで、大きな相場環境を見ると順張りでしかないのです。

それもドンピシャでの戻り売り!!

過去のTweetを探してるのでだんだん古くなります。笑
これもインディケータ使って検証したもの。僕のスイングトレードの根拠になっています。

こうしてみると、どれもど天井でエントリーしてますね。笑
我ながらすごい笑

https://twitter.com/d_fxstock/status/1155759484653801472

実はこう言う大きくとるトレードでもこのインディケータを活用しています。

今も使ってますが、iForexでひっそりと検証していた時です。

10万円の資金を20万円にしたりして遊んでました。笑

https://twitter.com/d_fxstock/status/1066161596743933952

よく見返してみると、意外とこのインディケータトレードのTweetしてたのに気づきました。笑

結婚したあたり。懐かしい。だんだん懐かしむ流れになってきてるのは内緒。

しっかり天井でショートかましてます!!

これはちょっと天井とは言い難いですね。笑

この時期はまだ出来上がってなかったんですけど、理論はだいたい出来上がっていたので、それに沿って検証トレードをしていきました。

https://twitter.com/d_fxstock/status/1046076568114728960

こちらは関係ないですが、開発に1年以上前から取り掛かってます。構想や研究には5年くらい前からかな??

とまぁTwitterに載せているものだけでもこんなにたくさんのトレード実績があります。

かなりすんなり開発できているように見えますが、インディケータ自体は結構苦労しながら作りました。

上にあげた実績は、どれも小ロットでのトレードになってますが、裁量でトレードできるので、もちろんロット数は各自で決めることができます。

テスト的に導入したいならそれこそ1000通貨でトレードしても良いですし、慣れてきたらもっともっとロットをあげていけば良いです。裁量ですからね。

GSISの対象通貨ペア

GSISでは、膨大なデータ分析を通して自動でチャネルラインを引いているので、分析対象の通貨ペアは限定されています。

と言っても、だいたいの主要な通貨ペアは網羅しているのであまり気にする必要はないです。

ご要望に応じてGSISの対象通貨ペアは増やしていく予定ですが、現在のところはこちらが自動チャネルラインを引ける対象の通貨ペアです。

これ以外の通貨ペアではラインが表示されないのでご注意ください!

  • AUDJPY
  • AUDUSD
  • AUDCAD
  • AUDNZD
  • CADJPY
  • CHFJPY
  • EURAUD
  • EURUSD
  • EURGBP
  • EURJPY
  • GBPUSD
  • GBPJPY
  • NZDJPY
  • NZDUSD
  • USDCAD
  • USDCHF
  • USDJPY
  • GOLD

応募方法

ではいよいよ応募方法について書いていきます!!

まず、このインディケーターを使用いただくにはこちらの条件があります。

  • XMで新規口座・または追加口座を作成し、入金してメイントレード口座にしていただくこと。

これだけです。

裁量トレードで表示させるインディケータなので、最低限必要な証拠金の制限もありません。

エントリータイミングやロット数も各自で自由に決めることができます

既にXM口座をお持ちの方は、追加口座を作成いただくことでインディケータGSISをお使いいただけるのでご安心ください。

また、すでに自動売買ツールkakugoなどで口座開設をしていただいている方はその口座を使いまわすことができるので、追加でまた口座を作成いただく必要はありません!

また、既に自動売買kakugoなどでxm口座を作成いただいている方は新規に追加口座を作らなくても利用することができます!

もちろん完全無料ですし、追加で何かを売り込むなどは一切ありません。

ご応募方法は記事下のフォームから、メルマガ登録をしていただければ、登録完了メールにてダウンロードページをご案内しています!!

この機会に是非GSITを使ってトレンドフォローのトレードをしていきましょう!!

トレードのアドバイスも付いてくる!

さらにさらに、現在トレーダーが集まるトレードノートサイトが立ち上がっています。ここでは、チャネルラインを使ったトレードの疑問点を聞いてアドバイスを受けるのもよし!なんとなくこれわからないから聞いてみたい、ということを聞くのもよし!

トレーダーのためのサイトです。

詳しくはこちらに記載しているのでご覧ください!

アップデート情報

2019.10.23

対象通貨ペアを追加しました。

  • AUDCAD
  • AUDNZD
  • GOLD
  • NZDJPY
  • NZDUSD

より細かい時間軸でラインが引かれるようになりました。

>知識の結集!学習するインディケーター

知識の結集!学習するインディケーター

多くの投資家が着目するラインを自動で学習してチャネルラインを引いてくれる最強のインディケーター! トレンドフォローのトレードが簡単にできるようになります。

CTR IMG