FX 6月後半戦略 シンプルすぎるルールが自分を助ける

今月前半の実績

6月前半の実績はプラス212pipsでした。

そろそろロット数増やしてもいいかなー。考え中。

ドル円

ドル円ははっきりとしたレジサポラインを見つけられず、ほとんど指をくわえてみてました。

文字通りイライラしつつ親指くわえてましたからね。引かないでくださいね。

ドル円の何がやりやすいって、損切りが少なくて済むということ。ボラがあまりないですからね。

まぁその分プラスも少なくなりますが。ジリジリタイプかな。

ユーロドル

ユーロドルはナイアガラバズーカを見事に放出してくれたので、それに乗っかってウマウマさせてもらいました。

こういう値動きが大きいところをしっかりと取ることが大事ですね。

今のトレードルールにしてからというもの、全て取ることができているので、今のルールにアレンジ修正しながらやっていこうと思います。

6月後半からも焦らずにトレード続けていきます!

決して調子に乗らず、自分がアホであることを忘れず、ルールだけに従うアホになってアホらしくトレードをしていきます。

次週からの戦略

次週からどうしようか、考えてみました。と言ってもめちゃめちゃシンプルです。

シンプルじゃないと適当な解釈をつけて変なところでエントリーしてしまうので、

とにかくシンプルを目指します。子供でも守れるルールにしないと、頭が悪い僕には守れないのです。

ドル円

ドル円に関しては、

レジスタンスラインを111.381

サポートラインを110.250

に引いています。このどちらかに到達するまでは、トレードをしません!

気持ち的には、110.250まで落ちてきたところをロングでとってやりたいですが、なんとも言えません。

どちらに動くかを予想することなんてナンセンスだと思ってるので。だってそんなの誰もわからないじゃないですか。

ユーロドル

ユーロドルに関しては、

レジスタンスラインは1.16449

サポートラインは1.15939

としています。

割とこのレジスタンスライン強いような気がしているので、そこまで行ったらショート考えてみます。

なぜ強そうと考えているかというと、1.16449近辺は6月5日あたりでかなり強くサポートされているじゃないですか。一気にこの辺りからぐいっと上がってますよね。

まぁでもなんとも言えないので、ラインまできた時の値動きをみてエントリーします。

それまで様子見ですね。

トレードなんてほとんど様子見です。

エントリーしたいからする。エントリーしとかないと儲かるチャンスを逃すかも。

とかいう理由は全て捨てないといけないです。そんなのなんの根拠にもなってないですから。

ポジポジ病になってしまいます。。

ポジポジ病については、記事追加したのでこちらをご覧ください。

2018/06/19 追記!

後日トレード結果はこちら。

こちらの戦略通りトレードして、見事利益出ました!