FX すぐに含み損にならないための重要なエントリーポイントはこれだ!

エントリータイミングの重要性

実際のトレードでエントリータイミングをどうしたらいいのか、
迷われる方は多いのではないでしょうか。

上がったからこれからも上がるだろうと思い、ロングを入れたとたんに下がり始めて
大きな損失になってしまったり

今度は下がり始めたからショートに切り替えだ!と思ってショートでエントリーした瞬間に
上がり始めてまたまた大きな損失につながったり。。

熱くなればなるほど、どんどんマイナスになっていって、
そのマイナスを取り戻そうとするうちにまたまたマイナスが広がっていく。
そんな最悪なスパイラルを皆さん一度は経験されたことがあるのではないでしょうか。

その熱くなって損失を膨らませることを避けるためにルールというものがあるのです。
ルールはトレーダにとって、自分を守ってくれるための最強の盾ですね。

そのルールすら守れなくなったら退場です。
ではどうやったら守れるようになるかというと、とにかくシンプルなルールにすることが必要です。
シンプルなルールを作って、それだけに従ってトレードをする。

では、私の場合はどうしているかというと、
レジスタンス(サポート)ライン周辺の挙動を利用してエントリータイミング・ストップロス(損切り)タイミングを
決めています。

ライン周辺の挙動については別記事で紹介しました。

今度はこれらの挙動の中で、どのようにトレードしていくかを説明します。

シンプルなエントリーとロスカットの方法

もうシンプルすぎるくらい簡単にいうと、
「レジスタンス(サポート)ラインでショート(ロング)エントリーし、同時にストップロスラインも設定してあとは放置」です。

まずはレジスタンスラインきっかけで下がっていくAグループを見てみましょう。

Aグループ

レジスタンスラインでS(ショート)エントリーして、レジスタンスを越えたある一定幅にストップロス(損切り)ラインを設定します。
このストップロスラインの設定方法もかなり肝になってきますがひとまずそれは置いといて、
これでどのパターンが来ても最終的に利がのるようになります。

Bグループ

次に、最終的に上がってしまうBグループ。

これらは結局ロスカットさせられるはめになるのですが、上がっていくと判断できたところで、
再度L(ロング)エントリーを行います。ストップロスラインは、図には入れませんでしたが、
レジスタンスラインの少し下あたりでいいでしょう。

エントリーは2回まで

上がっていくので当然、2回目のエントリで利がのってきます。
重要なのは、レジスタンスライン周辺でのエントリーは2回まで、ということ。
理由は、レジスタンスラインの設定とストップロスラインの設定が正しくできていれば、
Bグループのように2回のエントリーで利益を出せるからです。

仮にストップロスラインの設定が正しくなければ、すぐにロスカットされてしまいます。
ストップロスラインの設定方法がおかしいので、どんな美しいエントリーをしても、すぐにロスカットされ、
それを繰り返してもどんどん損失が膨らむだけですね。損切り貧乏っていうやつ。

また、レジスタンスラインの設定が正しくなければ、その周辺でいくらトレードしたって、損失が膨らむだけなんです。
だって、私が説明したレジスタンスライン周辺の挙動には従わないんですから。
なので「レジスタンスライン周辺でのトレードは2回まで」めちゃくちゃ重要ですね。

このルール。

こんなので本当に勝てるの??

かなりシンプルな書き方をしていますが、これで勝ててます!!!笑

負ける時はだいたい、このルールを守らなかった時だけですね。

損を取り戻そうとして変なところでエントリーして損切りになって、また悔しくてエントリーをして、、、

そういうことをしてたらいつまでたっても勝てません。

このルールでどれくらい勝てているか、このブログではトレード内容も公開しているので、

そちらをご覧ください!!