なぜFXで9割の人が負けるのか 勝つための重要なトレード方法編

前回は、プロスペクト理論について勉強しました。
ただの心理学じゃないかーーFXと関係ないじゃないかーーーって思った方もいらっしゃるかもしれません。

ちょっと前回の記事はFXとは少しずれて難しい内容になりましたが、今回からFXの話にがっつり入っていきます。
プロスペクト理論を知っている前提でお話しさせていただくので、よくわからないという方は、前回プロスペクト理論を
紹介させていただいた記事をご覧ください。

プロスペクト理論とFXの関係性

お気づきの方もいらっしゃると思いますが、プロスペクト理論はもろFXのトレーダー心理に当てはまってきます。
前回の記事でお話ししたプロスペクト理論はどういう内容だったかというと、

「お金を増やすことに関しては、増えるお金が少なくても確実に増やせる方法を選ぶ」
「人は損していると危ない橋を渡ってでも損から解放される方法を選ぶ」

ということでしたね。

FXでいうと・・・
もしあなたのポジションが含み益になっている時、あなたは確実にお金を増やすために、
すぐに利確をしてしまうのです。

そして、あなたがもし含み損を抱えている時、あなたはなかなか損切りをしないのです。
含み損を持ち続けて、危ない橋を渡ってでもその含み損が解消されるまで放置してしまう。
どんどん含み損がふくらみつづけても、あなたはかすかな希望を持って、
「いや、これからまた上がるはずだ、こんな下がるわけがない」
などと根拠のないことを言って、損切りをしない。

これを継続してどんどんあなたは自分の資金を減らしていくのです。

いわゆる損大利小というやつですね。
あなたのトレードはこういうやり方になっていませんか?
(勝っている人はごめんなさいそのまま頑張ってください!)

こういう損大利小はほとんどの人の心理に当てはまるプロスペクト理論が関わっているのですね。
ほとんどの人がこのプロスペクト理論どおりに行動するということは、
ほとんどの人がFXに負けてしまうのです。

これが、9割以上のトレーダーさんが負けてしまう理由ですね。

プロスペクト理論の克服方法

では、プロスペクト理論を克服することが勝てるトレーダーへの第一歩になります。

これを克服してもめちゃくちゃなトレードをしていたら勝てないので、あえて「第一歩」と書きました。

しかし、プロスペクト理論を克服することは勝てるトレーダーになるための必須条件です。
ぜひ克服をしましょう。

ここで、「えぇ、ほとんどの人に当てはまるんだったら、克服するのはかなり難しそう・・・。できるかなぁ。」
と思った方もいらっしゃるのではないでしょうか。

僕も最初はこの損大利小をひたすら繰り返していました。訳のわからないこじつけ理由を作って、
損切りを全然せずに放置していました。気づいたら大損・・・。

プロスペクト理論をなんとかして克服しなければ・・・ということでなんとか克服できました。
今では損小利大を実現できています。

このブログでは、こう言った僕の体験談も踏まえて克服方法を紹介してます。
なので初心者の方でも難しいことではないです。

ルールを守るということ

プロスペクト理論の克服には、ルールが非常に密接に関わっています。
またルールかい!という感じですが、はい、結局はルールがこれを克服してくれます。

プロスペクト理論自体はほとんどの人に当てはまります。
だから、心を一新してプロスペクト理論に沿わないような考え方になることは不可能に近いです。
だって、人間の本能としてそれが備わっているんですから。

勝てるトレーダーはどうやって克服しているかというと、自分の心・本能に従うのではなく、
自分に合った勝てるルールに従って機械的トレードをしているのです。

「こうなってこうなったらここでエントリーする。
そしてこうなったら損切りで、こうなったら利益確定する。」

というルールに従ってトレードするのです。そうすると、いつまでも含み損を抱えてトレードすることはなくなりますし、
すぐに利益確定してしまうということもなくなります。

自分にあった、勝てるルールこそがプロスペクト理論を無視してトレードできる方法なのです。

ルールの大切さについては、この記事で紹介していますね。

また、僕の具体的なルールもこの記事で紹介しています。
ルールとは何なのか、ご参考までにご覧ください。

重要!!損小利大の実現

このブログでは、ここで説明を終えるのではなく、もっと核心に迫った内容を書いていきます。

多くの人が当てはまり、そのせいで多くの人がFXで負けてしまうという結果に陥って損大利小につながるプロスペクト理論ですが、
多くの人がそのせいで負けるなら、その人たちとは逆のことをすればいいんです。

つまり、損小利大を目指すということですね。

損小」については、損切りの方法として別記事で紹介しています。
そちらを見ていただくと、どうやったら適切な損切りができるようになるか、おわかりいただけると思います。

では「利大」について考えて見ます。
利大とは、読んで字のごとく利益を大きくのばすということですね。
多くの負ける投資家たちは、プロスペクト理論によると、少なくてもいいからできるだけ確実に利益を得ようとします。

利大は、その逆をいくんです。
「確実じゃなくてもいいから、できるだけ大きく利益を得よう」とするのです。
この、「確実じゃなくてもいいから」というところがポイントですね!

「確実じゃない」という言葉の意味を具体的にいうと、
「もしかしたら利益を得られなくてもいいから」ということです。

「もしかしたら利益を得られなくてもいいから」ですが、それで損をしていては意味がないので、

もっともっと具体的にいうと、
「もしかしたら利益を得られなくて、ほぼゼロになるかもしれないけどそれでもいいから」というところまで解釈を深掘りします。

この考え方はとても重要です!!必見ですよ!!

どうやってトレードすればいいのか

ではもっともっともっと具体的に言います。
トレードの場面では、エントリーして含み益が乗ってきた場合、
ロングの場合はエントリーポイントから1pips上に設定し、
ショートの場合はエントリーポイントから1pips下に設定する。

ということが利大に繋がります。

1pipsだけエントリーポイントからずらしたのは、私の考えで、
せっかくエントリーしたのだから1pipsはご褒美として利益をいただきたい、という想いからです。笑

これを設定しておくことで、あなたはそのトレードではもう負けることは絶対ありません。
もし途中思った方向と逆行してしまったとしても、逆指値を入れているんですから。

こうすることで、もし思った方向に伸びていってくれた場合はどんどん利益を伸ばせますし、
逆行してしまって本来なら損失が出てしまう場合でも、逆指値に引っかかって1pipsの利益で終わります。

これが、「確実じゃなくてもいいから、できるだけ大きく利益を得よう」ということです。

具体的なトレード方法

まだまだこれで終わりではありません、もっとみっちりと本質に迫ります。
概念なことは理解できても、具体的にどうすればいいかまでしっかり組み立てないと、結局プロスペクト理論に
負けてしまいます。

利大トレードとはどういうものなのか。これまで僕がやってきたトレードに基づいて、具体的に書いていきます。

逆指値で負けないトレード

まずは、前の章に書いた最低1pipsゲット戦略です。

どんなチャートでどういうトレードをしたか、こちらの記事に書いてあります。
ぜひご覧ください。

この時は、上のようなチャートでした。
レンジを上抜けしたところからロングでエントリーして、そのまま1pips上に逆指値を入れました。
ぐんぐん上昇してくれて利益を伸ばせていたんですが、勢いがなくなり、逆指値に引っかかってしまったというものですね。

これが、確実じゃないけど利益を伸ばそうとした結果です。
若干悔しい気持ちは残りますが、負けない、ということが大事なので、これはこれでOKです。

逆指値で利大を実現

次に、利益を伸ばすことを成功したパターン

こちらのトレードですね。

ショートでエントリーしたあと、1pips下に逆指値を入れて放置です。
その後、ぐんぐんぐんぐん利益が伸びていきました。
逆指値を少しずつシフトさせていって(手動トレイリングです笑)、
逆指値に引っかかったところで、利益確定。
+172pipsの利益でした。

まとめ

いかがでしたか?これが、損小利大のトレードです。
皆さんもぜひこれから実践してみてください。

また、これはあくまで私のやり方なので、これじゃないと勝てない!という訳ではありません。
トレードのひとつのワザとして、参考にしていただければ嬉しいです。

これからもトレードに関しては記録をつけていきます。
損小利大を心がけて、勝てるトレーダになりましょう!!