ズルズル引きづらない!上手な損切りとは

トレードは負け方が全て

僕がFXトレードをする上で一番重要だと感じていて、常にトレードの指針として考えているのが、
「勝つことよりも負けないことを第一優先で考える。負けるとしても上手な負け方をする。」
という心構えです。

上手な負け方とは

じゃあ負けないトレードってなんなんだ、負けるとしても上手な負け方って何なんだという話ですよね。
負けないトレードについては、以前別の記事でお話したことがあるので、今回は上手な負け方についてお話したいと思います。

上手な負け方、それは適切な損切りラインの設定方法のことを指します。
では適切な損切りラインの設定とは何か。
それはエントリー後、期待したような値動きをしなかった際に、エントリー位置から最も近い(最も損が少ない)位置で、
なおかつもう狙ったような値動きにならないと諦められるような位置で損切りラインを設定するということです。

もうちょっと詳しく、図で説明していきます。

エントリーから含み損がでた場合にどうするか

例えば、こんなケースを考えてみます。

レジスタンスライン(この時はサポートですが)直上でもんだ後、下がってきてサポートラインにサポートされ、
再度レジスタンスラインまで上がってきたのでショートでエントリーしたとします。
レジスタンスラインに抑え込まれて、下がっていくことを想定してエントリーですね。
しかしその後、レジスタンスライン直下でもみ合って、レジスタンスラインを上抜けてしまいました。

この時点でストーリが崩れたと判断して、ロスカットする手もあります。

実際にそういう方法を取られている方も多いのではないでしょうか。
が、レジスタンスライン付近の挙動として下のようなパターンがあります。

ここで安易にロスカットしてしまうと、あとで悔しい思いをして、

その悔しさから無暗なエントリーを繰り返し、
結局大損してしまうということがあるので、私はまだロスカットしません。

しかもこういう値動きのパターンは結構多いので、損切り貧乏になってしまう可能性もあります。

実際私は昔、これでかなりやられました。笑

パターンって何??って方はこちらをみてね。

ストーリーが完全に崩れたところで損切りをする

ではどこに損切りライン(ストップロス)を設定するか。
それは、過去このレジスタンスライン付近でもみ合ったときの情報をあてに設定するんです。
チャートは嘘をつきません。過去のチャートを見れば損切りラインの位置を教えてくれます。
先ほどの例でいうと、ちょうどこの赤線のラインですね。

ここまで上がってしまったら、諦められます。
このラインを抜けてしまうと、次にレジスタンスされるのがもっと上になってしまうからです。

これが上手な損切りラインの設定方法です。
損失も極力抑えることができ、なおかつストーリ的に諦めが付くラインですから。

下の図のようにレジスタンス上でもみ合い、結局下がってくれた場合は思惑通り、利益になります。


実はこのパターン、過去のチャートを分析していても結構多いんです。
レジスタンスラインを一度上抜けてから下がっていく、いわゆる「だまし」と言われているパターン。
これに引っかからないようにするためにも、適切な損切りラインの設定が重要なんですね。

逆に、下の図のように損切りラインを抜けて上がっていってしまった場合、

これはあらかじめ設定しておいた損切りラインでロスカットされるので
ストーリが崩れたと判断できる最小の損失でトレードを終えることができるんです。

以上が僕の定義する上手な負け方です。

負ける9割のトレーダーにならないために

「勝つことよりも負けないことを第一優先で考える。負けるとしても上手な負け方をする。」
FXには絶対に勝てるトレードはありません。本やネット商材なんかでそういう文句をうたっているものは、
僕は全く信用していません。だってそんな方法があれば、9割以上の人が負けるわけないんですから。そんな方法が売られたりして出回るわけがないんです。

9割以上の人がそういう話を信じてトレードしてそのまま負けるんです。
ほとんどの人が負けて、その人たちが失ったお金を一部の少人数ががっぽりまっていく。残酷ですが、それがFXです。

だから、その一部の少人数になるために、ルールや手法をそれぞれの人が見つけ出していかないといけないんですね。
自分のデッキを作るカードゲームみたいなもんです。

だからこそFXは楽しい!