ファンダメンタルズはいらない!?テクニカル分析だけを信じるべき理由

テクニカルとファンダメンタルズはどちらがいいの?

ファンダメンタルズ分析とテクニカル分析、どちらを基準にトレードをすればいいのか、
僕なりの考えを書きます。
様々な本だったり、ネットだったり、成功している方の考えだったりを見聞きして
僕なりに持っている考えを書くので、これが絶対正しいというわけではないことにご留意願います。

僕は圧倒的にテクニカル分析派です。

逆にファンダメンタルズ分析はまったくといっていいほどあてにしていません。

テクニカル分析だけを極めている理由

なぜか。
それは、ファンダメンタルもすべてチャート上に値動きとして現れるからです。

もちろん、FXの場合でいうと指標の発表日時だったりとか、そういう値動きが激しくなる時間は知っておくべきです。
ですが、その指標の発表内容をもとにトレードしたり、世界の情勢を見てトレードしたりとかは全くしません。
むしろもうあえてそんな情報をシャットダウンします。余計な固定観念が生まれてしまいますから。
もうほぼ無視ですね。無視!

日本株での経験がきっかけ

僕が日本株を取引していたころの経験で、テクニカル分析だけを信じるようになりました。
ネットで騒がれてるテーマ株とか、大手企業との提携の噂とか、大口参加銘柄とか、好決算の噂とか、、
そういうのを信じてトレードしてしまうとろくなことがありません。
これは全部僕の株での失敗の経験談から言ってますが。笑

例えば決算がかなり良かった場合でも、それはすでに株価に織り込み済みで、
逆に上がりすぎていて決算後に急落することも多々あります。
だからチャートだけを見てトレードするべきなのです。

全てはチャートに表現される!

先ほども書きましたが、ファンダメンタル系はすべてチャートに値動きとして現れます。
これは必ずです。チャートだけは嘘をつきません。
その中で、いかに自分に有利な状態を狙って自分のルールでトレードするべきなんです。

どんなにすごい指標がでて値動きが激しくなっても、チャートさえ見ておけば、
値動きの予想がある程度付く場所があるんです。
それを応用したのが僕の手法です。手法については別記事に包み隠さず書いてるので、
ご覧ください。

友達はチャートだけしかいません

FXは孤独な勝負です。師匠とかが付いていて、あれこれ教えていただける方もいらっしゃるかもしれませんが、
トレードするときは結局自分の判断でエントリーしてトレードしなければなりません。
当然っちゃ当然ですが。

その孤独な闘いの中で、唯一信じることのできる戦友が、チャートなんです。
FXは値動きを見てトレードするのが全てです。値動きを忠実に表現してくれるのがチャートです。

チャートの見方を攻略しないと、FXの攻略はあり得ません。

チャートが全てです。何度も言います。笑

チャートを何回もみて、暇なときは全てチャートを見るくらいの心構えで、とにかくチャートを分析しましょう。
そしたら今まで負けていた方も、何かが見えてくるはずです。
僕も仕事と友達と遊ぶ時以外はずっとチャートをみていろいろ考えています。
仕事中に見ているのは内緒です。