注目キーワード

豪ドル円とNZドル円でさや取りをして稼ごう!

こんにちは!Daichiです。

今回はさや取りトレードで稼げるかどうかの検証をしていきたいと思います。

さや取りはどちらかと言えば中長期投資向けのトレード方法です。

さやが生じるタイミングはそんなにないですからね。

そんな中、今回は僕が実際にやってみておすすめだと感じたさや取り方法を紹介したいと思います!!

さや取りって何?

とはいえ、さや取りがそもそも何なのか、分からない方も多いかと思うので、まずはさや取りについて説明させていただきます。

さや取りのトレード方法

さや取りとは、ある2つの通貨ペアの連動性・相関を利用したトレード方法です。

なんじゃそらそら。と思われました?笑

例えば、通貨ぺアAと通貨ペアBの二つの通貨ペアがあるとして、

Aが上昇するとBもだいたい上昇する、さらにAとBのレートの差はだいたい10になっている。

これが連動性・相関です。

こういう法則を発見したとして、

あるときにAとBのレート差が8になるときがあるんです。

こういう場合、また差が開く確率が高いので、そこを利用してトレードを行うんです。

こちらの芸術手作りお絵かきをみていただければイメージがつくかもしれません。

ではどうやってトレードを行うかというと、単純にレート差が開く方向にエントリーを行います。

先ほどの例でいうと、レート差が8になった時にAをロング、Bをショートでエントリーします。

そうするとまたレート差が10になる確率が高いので、利益を得られるというわけです。

さや取りのメリットとデメリット

さや取りのメリットは、何と言っても利益を出しやすいということです。

通貨ペアどうしの連動性は、そんなに滅多に崩れるものではないので、

その法則を利用してトレードする限り、利益を出せる可能性が非常に高いです。

デイトレなどの裁量トレードではなかなか利益を出せない方も多いかと思いますが、

そんな方でもいとも簡単に利益を出せるのがさや取りです。

こういうおいしい話にはデメリットもつきものです。

とはいえ、さや取りに関しては損失をこうむるような重大なデメリットはありません。

デメリットといえば、まずは証拠金が通常トレードの2倍必要ということがまず挙げられます。

2つの通貨ペアでトレードを行っていくので当たり前といえば当たり前ですが。。

他に、中長期的な目線を持ってトレードをする必要があるというデメリットもあります。

もともと中長期トレーダの方にはそれほどデメリットではないですが、

レート差が縮まることはそれほどないので、デイトレーダさんにはちょっと待てないかもしれませんね。笑

僕のおすすめは、デイトレードをしつつ中長期トレード用にさや取りを行うという方法です。

さや取りは、最初に言いましたがリスクが低いので割と大きめに資金を投入しても良いトレード手法です。

だからと言ってデイトレを諦める必要はなくて、同時にやってしまえば資金をうまい具合に回すことができます。

豪ドル円とNZドル円 さや取りのすすめ

さや取りの方法と性質がわかったところで、じゃあ具体的にどの通貨ペアを利用して

トレードをすればいいのか分からないですよね。

もうタイトルでネタバレ満載ですが、僕が実際にやってみたさや取りでおすすめなのが、

豪ドル円NZドル円 

です。

AUDJPYとNZDJPYの組み合わせですね。

ではこの二つの通貨ペアの性質と法則をみていきましょう。

地理的な共通点

まずは豪ドルとNZドルについてですが、

豪ドルはオーストラリアの通貨、NZドルはニュージーランドの通貨です。

まずは地図をみてみましょう。

Powered by Google

オーストラリアとニュージーランドは同じオセアニア地域に位置しており、

地理的には非常に近く、経済情勢もとても似ています。

この二つの通貨が似たような動きになるのは必然的ですね。

ここまでの情報であなたはどう思いましたか?

「ふむふむ、なるほどこれは使えるかもしれない!!」と思ったでしょうか??

僕はこの情報を知った時、こう思いました。

いやだって位置的に近いから経済の動きも通貨の動きもほとんど同じって、

だったら米ドル円とメキシコペソ円は似たような動きをしているかというと、そうでもないですよね。

なんていう屁理屈をこねてしまって、これだけの情報ではにわかには信じがたいので、

もう少しデータを見ていくことにします。

オーストラリアとニュージーランドの政策金利推移

まずはオーストラリアとニュージーランドの政策金利推移を比較してみましょう。

似ているといえば似ている!?笑

2014年からオーストラリアの金利がニュージーランドの金利を下回る用になりました。

2017年からはほぼ変化なしで、オーストラリア・ニュージーランド共に同じような金利が続いている傾向にあります。

へぇーー。と思っておきましょう。

豪ドル円とNZドル円の推移

では実際の値動きをみていきましょう。

こちらが2007年から現在までのAUDJPY(赤色)の値動きとNZDJPY(青色)の値動きをグラフにしたものです。

下にあるグレーの線は AUDJPYNZDJPY の差分(さや)をあらわしています。

このグラフをみるとすごい特徴に気がつきませんか?

AUDJPYの方がNZDJPYよりも必ずレートが高い

ということに気がつかないでしょうか。

さらにもう一つ重要な特徴が、

AUDJPYとNZDJPYの差が縮まる時期が存在する

というものです。

2015年の4月頃に差がほぼゼロになったことはありますが、それでもAUDJPYの方がNZDJPYよりも高いレートを依然維持し続けています。

これはオーストラリアよりもニュージーランドが国力が高いためだと言われていますが、

重要なのは理由ではなく、この事実です。

この二つの重要な特徴を利用してさや取りのトレードをすることができますね!

では、この差分(さや)の詳細データをもう少し見てみましょう。

※2019年は3月末までのデータです。

ここでも驚くべき事実が明らかになりました(ドキュメンタリー風)。

2014年から現在までの差の平均を見ると、だいたい6くらいにおさまっているのがわかりますね。

2013年から2014年の間に平均が一気に落ちていますが、これがさや取りのリスクでもあります。

差の平均が下がってしまうとそれだけ損失になりますから。

だから出来るだけ差が小さい位置でエントリーしなければなりません。

そこでみていただきたいのが、先ほどの表の「最小差」の項目です。

これは、過去に一番差が小さくなったときの値を引っ張ってきています。

2014年からの最小差を見るとだいたい2〜3ほどになっています。

そのため、当面の戦略としては

差が3ほどになったらAUDJPYでロング、NZDJPYでショートを入れておき、

差が6ほどになったら両方とも同時に決済する。

という戦略になります。これで3ほど利益が出ることになります。

ちなみに1は100pipsなので、差が縮まったときに適当にエントリーをしておくと300pipsほどは利益を出せる見込みがあるということです。

これすごくないですか?笑

中長期投資の方法としてはかなり有用な方法です。

さや取り実績

ものは試しということで、実際にこの方法で運用をしてみました。

2019年に入って差がかなり縮まってきたのでこっそり簡単に1万通貨でエントリーしてみました。

1ヶ月もしないうちに140pipsほどのプラスが出ています!

すごく簡単でした。。。

さや取りは戦略がはっきりしているので初心者の方でも簡単に始められます。

先ほどの表を参考に、差が縮まったときにエントリーして差が開いたら決済するだけですから。笑

※このあと210pipsプラスになり利確しました。

さや取りをするのにおすすめのFX口座

ここまで具体的に戦略が固まったところで、次に意外と重要なのがさや取りを行うFX口座です。

それぞれのFX会社にはそれぞれの特徴があります。なので戦略によってFX口座を使い分けることは必須です。

僕もFX用の口座だけで10口座近くは持っています。笑

AUDJPYとNZDJPYのさや取りをする場合はDMM FX一択です!!

詳しくはこちら!

FX口座はDMM FXが一番!ユーザ評価が高い理由

安心安全な国内口座の中でも特におすすめな機能を解説しています。

DMM FXは使っていらっしゃる方もかなり多いFX会社です。

取引ツール、低スプレッド、手数料ゼロ、安心サポートなど一通り揃っています。

が、中でも魅力的なのはスワップポイント!!

さや取りは中長期に渡ってポジションを保有しますから、毎日積み重なってくるスワップポイントを無視するわけには行きません。

今回はAUDJPYをロング、NZDJPYをショートでエントリーすることになります。

そのためそれぞれでスワップポイントがつき、その合計が1日に受け取るスワップとなります。

海外FX口座では確実にマイナスになってくるので、国内FX口座が対象になります。

合計スワップがマイナスになるFX口座は論外として、最低でもゼロとなる口座にしたいところですが。。

なんと!!!

なんと!!!

おお!!??

DMM FXのスワップポイント表(2019/4/17時点)を見てみましょう。

DMM FX 公式サイトより

AUDJPYは買い、NZDJPYは売りなので、赤丸で囲ったところのスワップをもらえることになります(1万通貨あたり)。

この日の場合は 32-30 = 2円 を1万通貨あたり毎日もらえることになります。

さや取りは多くのロットで中長期に渡って保有するので1万通貨あたりこれだけもらえるのは

かなり美味しいですね!!

実際に僕もこのDMM FX で口座を作成しましたが、口座の有効化から入金までかなりスムーズにいきましたし、トレードツールも使いやすいのでおすすめです!

■口座開設はこちらからどうぞ■

FXでなかなか勝てない!という方も中長期用のゆったりトレードとしてさや取りをするといいですよ!

中長期の投資はメキシコペソ円のスワップ運用もおすすめです!

【2019年7月最新版】メキシコペソ円 スワップ運用をしよう!実績も公開!

実績も更新していってるので、どんなものなのかご覧いただけますよ!

やるにしろやらないにしろ、知識として持っておくべきですね!

>最強の自動売買ツール kakugo

最強の自動売買ツール kakugo

日本一の利益を稼げ出せる自動売買ツールの開発に向けて日々研究を繰り返しています。最大利益1日75万円!!

CTR IMG