注目キーワード

手法は大事じゃない!? なぜか大きな損がでてしまう人が読む記事

どうも!Daichiです。

今回はとあるクセをもつトレーダーさん向けの記事をかこうと思います。

記事のタイトルにもなっていますが、大きな損をなぜか出してしまう方です。

新しい手法を試してみて、少しずつ利益がでてきたと思って嬉しくなっていた途端に、

大きな損を出してしまって軽く混乱してしまうことはありませんか?

そしてその混乱のまま、損を取り返そうとしてさらにトレードを繰り返してしまい、、、

気づいたら大損。。。

そして新しい手法探しの旅に出る。。

そういう方がこの記事をみて少しでもトレードの成績アップにつながればと思います。

エントリー手法はそれほど重要じゃない!?

まず、極論をいうとエントリーに関する手法それ単体ではそれほど重要ではないです。

何を言っているんだこいつは!!と思われるかもしれませんが。笑

もちろん優位な位置でエントリーできるような手法はあった方がいいです。

ですが、エントリーすることだけを、つまり優位な位置でエントリーできるようになる手法だけを追い求めているだけではいつまでたっても負け続けます。

ほとんどの方がエントリーだけに焦点を当てた手法を追い求めているので、

ほとんどの方は負け続けているわけです。

もう少しいうと、最悪なんの考えもなしに適当なときに適当なエントリーをしても、

利益を出し続けることはできるのです。

これは実際に実験として行われて証明されてもいるので、まやかしでもなんでもありません。

まぁこれは極端すぎますから、エントリーの手法それ自体を考えることは非常にいいことですが、

ここで言いたいことは、エントリーの方法だけを考えていてはこれからずっと勝てることはできない

ということです。

他に、もっと重要な要素があるわけですね。

トレードで負ける人が考えていないこと

色々な本でちらっと書かれたりしていることですが、

エントリーよりも大事なのはポジションの大きさと、決済タイミングの2つです。

ポジジョンの大きさは損益の大きさに直結しますから、

重要なのは当たり前ですね。

もう一つは、決済タイミングです。

こちらの方法を考えていない方が圧倒的に多いのが現実です。

「だいたいここら辺まできたら決済しよう」

とか、漠然と考えたままSL(損切り)ラインもちゃんと入れずにエントリーしていないでしょうか?

それで、実際に想定していた損切りラインまで価格がきたら、

「どうせ戻るだろうからもうちょっと待ってみるか」

「絶対これから逆方向に動いて利益が出るはずだ!」

という考えで、なかなか損切りができない。という人も多いはずです。

それで大きな損がでたからと言って、また次のエントリー手法を探していては、

いつまでも大きな利益は出ません。

そうです、あなたが考えるべきはエントリーの手法ではなくて、

損切りの手法の方なんです。

深く考えたことがある人は少ないのではないでしょうか。。

エントリーする際に、明確な損切りラインを設定して、

そこに逆指値を入れておかないといつまでたっても負け続けます。

そして、その損切りラインにもし到達した際に発生する損失金額が、

全体の資産の1~2%ほどになるようにポジションの大きさを決めるのです。

例えばドル円でトレードするとして、

損切りラインをマイナス10pipsの所にとるとしましょう。

今資金が10万円あるとすると、その1%は千円ですね。

なので、マイナス10pipsで千円の損失になるようなポジションの大きさにするわけです。

いかがでしょう?これが損小利大の第一歩です。

まずはひたすらこれを継続すること。

エントリーの時点で損切りラインに逆指値をちゃんと入れること。

徹底的にこれを実施しましょう。

むしろ、これができていないのにエントリーをしてはいけません。

利益がなかなか出せなくても、エントリー手法を探す旅に出るのはやめて、

損切りについての明確なルールを考えてみましょう!!

バイアスについても書いておりますので、こういう記事も参考に少しずつトレードのスキルを

上げていきましょう!!

バイアスを自覚しよう

ではでは!!

>最強の自動売買ツール kakugo

最強の自動売買ツール kakugo

日本一の利益を稼げ出せる自動売買ツールの開発に向けて日々研究を繰り返しています。最大利益1日75万円!!

CTR IMG