水平ラインの引き方をもう少し深く考えてみる

今回は水平ラインの引き方・考え方について書いていきます。

チャネルラインだとかペナントだとかそういうものよりも水平ラインが一番わかりやすいので、

FX初心者の方も水平ラインを引いてみることから始めると良いですよ。

水平ラインってFXをやられている方は基礎中の基礎でしょうが、

これで利益を出せているのは以外と少ないのが実情です。

ちゃんとおさえるところをおさえてトレードするとしっかり利益を出せるようになります。

これだけでも僕は1日に100pips取れたりしているので、かなり効果があります!

水平ラインの引き方については、過去にも説明しておりますので、その記事も見てみるとより理解が深まるのでぜひご覧ください!

水平ラインを引いてみよう

水平ラインの考え方

さて、まずはこちらのチャートを見てみましょう

AUDCHFの日足チャートです。

こちらのチャートを見たときに、斜め線も入れると色々なラインの引き方が考えられます。

が、とりあえず水平ラインで考えてみましょう。

高値と安値を考えるとこんな水平ラインが引けるのではないでしょうか。

途中かなり大きな下ひげが出ていますが、こういうどうみてもイレギュラーな動き方をしているのは無視します。

さらによく見てみると、若干水平ラインからローソク足がはみ出しているのもお分かりでしょうか。

こちらの青色で丸をつけた部分です。

こういうのを見ると、

「なんだこの水平ラインは機能していないんじゃないのか??」

なんて思われる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そう思われる方が次に取る行動は

「水平ラインに厳密に従うところを探そう!!」

となるわけです。

が、水平ラインを引くのはこれくらいはみ出ていたり届いていなかったりしてもいいのです。

厳密に従う水平ラインを見つける事に時間をかけるよりも、だいたいの感覚でラインを引いてみて、

相場をみてみるのが大事なのです。

そもそもFXは全世界中のトレーダーが参加する相対取引なので、

水平ラインでピターーーーーーーーと値動きが止まるという法則は存在しないのです。

そういう考え方をしていたら、いつまでたっても水平ラインを引けないですし、

トレードもできません。

あくまでも水平ラインを引く目的は

ここら辺でレジスタンス or サポートされる可能性が高いぞ!!!

という目安を見えるようにするためなのです。

「ライン」という表現にするからそこでピターっと止まる気がしますが、

実際は「エリア」という考え方にしておくべきですね。

とにかく引いてみる

先ほどのチャートをもう少し俯瞰して、長いスパンでみてみましょう。

こちらがそのチャートです。

これまで引いていた水平線も残しておきます。

どうでしょう。

今まで引いていた水平ラインは、過去まで遡ってみると必ずしもそのラインの中で値動きを

しているわけでなないことに気づいたと思います。

こういうチャートをみたときに引きたくなるのが斜めの線なんです。

確かに斜めの線も否定はしませんが、最初まだ慣れないうちは水平ラインだけで十分利益を出せます。

このチャートをみたときに水平ラインを引こうとしても、結構難しいですよね。

最高値と最安値で引けばいいですが、あんまり値幅を取り過ぎてもなかなかトレードできませんからね。

ポイントは、直近半年の値動きくらいで、とりあえず水平ラインを引いてみるということです。

以外とそのライン周辺で値動きが止まったり、跳ね返されたりします。

まとめ

さて、今回は簡単に水平ラインの引き方について書いてみました。

水平ラインはトレードをするにあたって重要な目安になるので、

是非ともラインを引いてみてください。

今後もトレードの考え方について少しずつ記事を作っていきますので

是非ともご覧ください。